n-アセチルグルコサミンで毎日元気|元気は食事から

血栓予防対策法

血栓の怖さとその対策法

会話をする夫婦

血栓とは日ごろからの不摂生や運動不足などにより血液の流れが悪くなり、どろどろの血液が凝固して起こり得る症状です。血栓は後遺症の残りやすい成人病である、脳こうそくやくも膜下出血などの重病の危険因子を非常に多くはらんでいるので、いち早い予防対策が必要不可欠です。 前述のどろどろの血液になりやすい原因の一つとしては、高カロリーで高脂肪の食事を日ごろから摂取しすぎていることが挙げられます。特に外食である例えばファーストフード関係などは食べやすい反面、油や糖分をふんだんに使用いるので、日ごろから摂取しすぎであれば控えめにすることが大切です。予防策としてどろどろ血液が進行しないためにも、高脂肪の食事を野菜中心への食事へとの切り替えが一番定番でありお勧めといえるでしょう。

血流改善にこの食材を

野菜の効能は言うまでもなくヘルシーかつ食物繊維を豊富に含んでおり、人体に必要な各種ビタミン群を数多く含んでいます。またその中でも玉ねぎは血液をさらさらに、トマトは優れた抗酸化作用で体の余分な毒素を排除するなど体にとって有益な作用も相乗効果も期待できます。非常に多くの効能をもたらす野菜は血栓を予防するためにはうってつけといえます。 またそれら以外でも血栓を予防する食物は様々あり、ラッキョウや納豆などが挙げられます。ラッキョウは玉ねぎの成分である、血液さらさら効果のある硫化アリルを豊富に含んおり、その大きさからこまめに摂取することが可能です。納豆も血栓を融解するナットキナーゼを含んでいるので血流改善に大きく役立つことでしょう。